美容と一言にいっても体型の問題から肌の問題、まつげなど、様々な分野があると言われています。美容が注目されている現代、様々な美容方法が情報として我々の耳に入ってきます。そして、それぞれの分野で美容に関する薬が研究、開発され、販売されています。

サプリと女性の目元
  • ホーム
  • ヒトプラセンタは一般的なプラセンタと何が違うの?

ヒトプラセンタは一般的なプラセンタと何が違うの?

アンチエイジングの効果が高いと、プラセンタを含む化粧品は女性に人気です。
プラセンタとは胎盤の意味で、出産した際に排出される胎盤から抽出したエキスがプラセンタエキスです。
プラセンタにはサプリメントや化粧品などに幅広く使用される、豚や馬などの動物の胎盤から抽出した動物由来のプラセンタ、日本では主に治療目的で医療機関で皮下注射などに用いられる、人の胎盤から抽出したヒトプラセンタがあります。
プラセンタエキスに使用されている原材料にはそれぞれに、細胞増殖因子である成長因子(グロースファクター)の効果や身体への馴染みやすさなどの特徴があり、効果や安全性にも影響しているのです。
豚由来のプラセンタは、年に2回大量に子豚を産むことから大量生産が可能なため価格が安価、比較的低価格なプラセンタ製品に広く使用されています。
豚は病気にかかりやすく、予防のためのワクチンを投与されることが多いため、安全性には不安があるのです。
整えられた環境で飼育されているSPF豚のプラセンタは、比較的安全性が高いと言えます。
胎盤の質の面ではやや劣り、成長因子の活性力は、低めとされています。
馬プラセンタは主に国産サラブレッドの胎盤を使用しており、豚の1.2~1.5倍のアミノ酸を含んでいることが特徴です。
徹底した管理体制の中で育てられるため安全性も高いとされ良質で活性度も高く、豚プラセンタには含まれていない必須アミノ酸も含まれます。
比較的高価なサプリメントや化粧品には、馬由来のプラセンタが使用されています。
ヒトプラセンタは厚生労働省に認可された医療医薬品として、主に更年期障害などの病気の治療や、肝疾患の改善に使用されています。
日本の医療機関で使用されているヒトプラセンタは、薬剤メーカーと契約している国内の産婦人科から提供された日本人の胎盤からエキスを抽出されたものです。
動物由来のプラセンタと比較して人体に馴染みやすく、免疫反応などのリスクが低いことが大きな特徴と言えるでしょう。

「ヒトプラセンタ」は日本で市販されていない

ヒトプラセンタは日本では認可された医療品にのみ使用されており、エキスを抽出する胎盤は日本人限定なので品質が非常に良く、安全性も高いのです。
何らかの疾患の治療のためヒトプラセンタを使用する場合には、価格は高いですが保険が適用されるのです。
ヒトプラセンタにはホルモンの分泌を調整する働きがあるため、更年期障害を改善する効果が認められています。
ビタミンやアミノ酸、酵素などの有効成分も豊富に含んでいます。
ヒトプラセンタに含まれる成長因子は、エイジングケアに効果的とされ、肌の衰えや体力の低下など身体機能の衰えを改善する効果もあるといわれます。
高い効果が期待できることからアンチエイジング美容の分野でも、ヒトプラセンタは注目され人気を集めています。
ヒトプラセンタには肌のハリとうるおいを保つ、コラーゲンとヒアルロン酸を増やす細胞にアプローチする物質が含まれるため、シワやほうれい線など加齢による肌トラブルへの高い効果が期待できます。
しかし美容やアンチエイジングのため、皮膚科や美容外科などでヒトプラセンタを皮下注射する場合は保険適用外なので高額になり、1アンプル1,000~5,000円が相場とされているのです。
日本ではヒトプラセンタは薬事法によって、医薬品以外には配合できないことが定められています。
病院で処方してもらえば治療目的で注射や点滴を利用することができますが市販されていないため、気軽に一般の薬局やドラッグストアなどで購入することはできないのです。
病院の処方がなく個人で使用したい場合には、海外で市販されている医薬品の個人輸入になります。
ヒトプラセンタが含まれる、ジェルなどの個人輸入医薬品を購入する場合には、厚労省の指導により最大で約1ヶ月分の用量の購入のみが可能となっており、使用の際も自己責任となるため注意が必要になるのです。

関連記事