美容と一言にいっても体型の問題から肌の問題、まつげなど、様々な分野があると言われています。美容が注目されている現代、様々な美容方法が情報として我々の耳に入ってきます。そして、それぞれの分野で美容に関する薬が研究、開発され、販売されています。

サプリと女性の目元
  • ホーム
  • トレチノインをハイドロキノンを配合するクリーム

トレチノインをハイドロキノンを配合するクリーム

若い年齢でもそばかすに悩まされることがあり、ニキビ跡などの深刻な皮膚トラブルに遭遇する可能性は十分あります。
もちろん年齢を経るに従い、肝斑などのシミやシワ、たるみなどの年齢肌などに悩まされるようになるのです。
これらを踏まえると肌トラブルは年齢を問わずに、解決に迫られることの多い問題と認識して間違いありません。
このような肌の悩みに解決策になりうるのが、トレチノインとハイドロキノンです。
トレチノインは、特に米国ではしわやニキビ治療薬にFDA(米国医薬品極)からも承認を受けており、非常に良く使用されています。
それではどのようなメカニズムで美白効果を発揮するのか。
人の皮膚細胞には、新しく細胞が生まれてから老化により剥落するまでの一連の過程、ターンオーバーを持っています。
ところで紫外線に暴露すると表皮の一番底の相でメラノサイト細胞がメラニン色素を生成しているのです。
ターンオーバーは28日程度の期間をかけて、新たな細胞に生まれ変わり健康な肌細胞に置き換わります。
しかしこの過程の活性が弱まると、メラニン色素が排出されないまま残存し、シミやシワの原因になります。
トレチノインにはこの皮膚のターンオーバーを人為的に活性化させる作用が強く、表皮の細胞の世代交代を活性化し、古い角質は剥落しメラニン色素の排除も促進します。
このピーリング作用のおかげで肌のハリも回復し美白効果も発揮する訳です。
ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成それ自体を抑制する作用を持っているので、特に欧米では美白成分の代表格に君臨していると言えます。
とりわけシミやそばかす・ニキビ跡の色素沈着にも効果を期待できるとされているのです。
単独でも美白効果を発揮しますが、他のケミカルピーリングやイオン導入治療などに併用されることも多い成分となっています。
日本では2001年の法律改正によって、市販の化粧品でも使用されることが解禁だれているのです。

メラケアForteクリームの効果と副作用

トレチノインとハイドロキノンには、このようにピーリング効果による古い角質の除去や、メラニン色素の排出を促進するなどの、優れた美白効果を有しています。
両方の成分共にそれぞれ特徴を持っているので、組み合わせて使用すればさらに高い治療効果を期待できることになるはずです。
このような発想のもとで開発されたのが、メラケアForteクリームになります。
メラケアForteクリームは有効成分として、美白効果の高いハイドロキノンやピーリング作用を持つトレチノインに炎症を鎮静するフランカルボン酸モメタゾン等を含んでいます。
メラケアForteクリームの使用を開始すると数日程度で、皮膚の新陳代謝が活性化され古い角質の剥離が起こり、シミやしわの改善効果を期待出来ます。
美白化粧品ではビタミンC誘導体などが含まれていますが、すでにできてしまったシミまでも取り除く効果を持っていません。
しかしメラケアForteクリームに含まれるハイドロキノンでは、すでに存在するシミもきれいにすることが可能です。
ただしメラケアForteクリームは皮膚のターンオーバーを活性化する作用を持つので、正しい使用方法を遵守することが必要です。
まず使用前にパッチテストを行い、皮膚への刺激の有無を確認します。
使用前には弱酸性の低刺激性石鹸で洗顔し、保湿効果の高い化粧水で肌を整えておきます。
1日2回、朝と就寝前にシミなどが気になる部位に塗布します。
これを6週間継続する訳です。
使用から2週間程度は赤みが出ますが、皮膚はトレチノインの継続使用に耐性を持つので徐々に反応が落ち着き赤みも引いていくはずです。
ただしここで注意が必要なのは、使用後は紫外線を浴びないようにすることです。
紫外線にさらすと逆にシミの原因になってしまうからです。

関連記事